発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.21 「発達障害者はスーパーカー?」

昨年5月に出版させていただいた本(専門キャリアカウンセラーが教える これからの発達障害者「雇用」)の中で、発達障害者はスーパーカーに似ているという表現をしたところ、かなりの反響をいただきました。

好意的なものでは、「みんながみんなスーパーカーではないかもしれませんが、異能を活かすという視点はこれからの企業経営において、とても必要な視点だと思います」というコメントがあり、それこそ筆者の言いたかったことなので、とても意を強くしたのに対し、批判的なものでは、特にグレーゾーンの発達障害者から、「自分に他人より優れている点など、どこにもない」「メディア等の影響で、発達障害者と言えば、すぐトム・クルーズやビル・ゲイツと同じと思われるのは迷惑だ」というものもありました。

なるほど、そう思われるのかもしれません。

しかし、発達障害者に様々なタイプや特性を持った人がおられるように、実は、スーパーカーだって、いろいろな状態の車があるのです。


ちなみに、広辞苑では、スーパーカーを「高出力・高性能で特徴的なデザインのスポーツカー」と説明していますが、その意味内容は漠然としていて、スーパーカーとそうでない車の間の線引きが明確にあるわけではありません。

また、スーパーカーは、高出力・高性能を追及した結果、エンジンを優先した設計になっているので、ラゲッジスペースが狭く物が積めない、手作りの少量生産ゆえ工数が多く、メインテナンス一つ取っても時間も手間もお金もかかる、そして、忘れてはならないのは、スーパーカーはスポーツカーの一種(かつ、かなり特異的なデザイン)なので、日ごろ乗り回すには向いていません。

その割には、定期的に乗らないと、始動性が悪く、エンジンをかけるのにコツがあるので苦労する、高速域の制動性重視で高温に達しないとブレーキの利きが悪い、居住性が悪い、エアコン・オーディオはついていない、等々、欠点も非常に多い車です。

どうでしょう、これを読んでおられる当事者の皆さん、あなたはスーパーカーに似ていませんか?

グレーゾーンの皆さん、まだエンジンのかけ方すら分からず、始動したことがないのではありませんか?

未整備のままに年月を経て、最初は「super(スーパー)」であったのに一般化し、よくある車になってしまったのではないでしょうか?


しかし、まだまだ、ガッカリするには早過ぎます。 皆さんは並の車(定型発達者)とは違うのです。

クローズで就活して、定型発達者との競争に勝って就労した人は、「super」を見せなくても、それだけの力を発揮することが出来たではありませんか!?

実は、「super」は「異能」が尋常になく発達した状態を言います。 そう、その意味では、トム・クルーズやビル・ゲイツに近いかも。


私は、例え「super」でなくても、発達障害者には定型発達者にはない「異能(特別な力)」が必ずあると思っています。

もし、それが見つからないのだとしたら、今は、定型発達者(健常者)中心の社会で、その「異能」が埋もれてしまっているからです。

しかし、AIとの兼ね合い等で、必ずや近い将来、定型発達者にはついて行けない次元・ジャンルでの「異能」が必要となります。

そのために、今できないことにばかり目を留めて、ガッカリしたり、委縮しないで、自分の異能は何なのか、発見する努力をする方が遙かに建設的だと思います。


そのためには、なるべく早く、企業に対して物を申せる、信頼できる支援者と繋がることです。



※ 今回のコラムは、書籍「これからの発達障害者「雇用」: 専門キャリアカウンセラーが教える」からこぼれた、貴重なお話となります。ぜひ、本編もお楽しみください!

関連記事

  1. 発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.6 「『就…

  2. 発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.25 「仕…

  3. 発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.13 「A…

  4. 発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.4 「失敗…

  5. 発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.24 「疲…

  6. 発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.8 「怒っ…

  7. 発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.29 「属…

  8. 発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.20 「毒…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。