発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.11 「婚活パーティー」

以前、コミュニケーションが苦手な発達障がい者のために、「空気が読めなくても参加大歓迎の婚活パーティー」を計画したことがありました。

 

結果的には、マッチングが出来ずに延期せざるを得ませんでした。

男性の参加希望者は多いのですが、女性は全くというほど集まらなかったのです。

 

そこで気心の知れた発達障がいがある女性に尋ねたところ、かなり辛辣な意見が返ってきました。

「食事会ぐらいならともかく、お見合いパーティや婚活パーティなんて言われると、女性はそれなりに考えるんですよ。 相手の収入はどうか、とか、将来性はあるか、とか。 でも、ここに集まってくる発達障がいの男性に、お眼鏡にかなう人がいると思う?」

「女性に免疫がないから、ちょっと優しくされると、気があるんじゃないかって、しつこく言い寄ってきて、ストーカまがいのことをされた女の子だってたくさんいるんだから」

「婚活パーティなんかよりも、『女性に対するマナー講座』でもやった方が、良いんじゃないの」

いやはや、酷いものでした! しかし、言われたことも分からないではありません。

 

SSTならぬ、MST(マリッジ・スキル・トレーニング)でもやらないとダメなのでしょうか?

でも、発達障がいの男性の皆が皆、女性に言われたようなわけでもないだろうし、すぐ結婚って話でもなく、一般のお見合いパーティなどには、しり込みしてしまって、一歩も踏み出せない発達障がいの方に練習してもらう意図もあったわけですが・・・

「就活パーティ」という名前が良くなかったのかな? とも考えたりしたものでした。

 

それにしても、障がいのあるなしは考えなくても、目標を「夢」の延長線上に設定しがちな男性と、「現実」の延長線上に考える女性とは、どうも「人種」が違うのではないか? とも思えます。

ゆえに、その後も、ちょっと怖気づいてしまって、新しい企画を出せないままでいるのです。

 

 

※ 今回のコラムは、書籍「これからの発達障害者「雇用」: 専門キャリアカウンセラーが教える」からこぼれた、貴重なお話となります。ぜひ、本編もお楽しみください!

関連記事

  1. 発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.19 「共…

  2. 発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.5 「『成…

  3. 発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.12 「適…

  4. 発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.16 「『…

  5. 発達障がい者専門キャリアカウンセラー

    発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.3 「ゆっ…

  6. 発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.8 「怒っ…

  7. 発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.9 「『事…

  8. 発達障害専門キャリアカウンセラー

    発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.1 「障が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。