発達障害専門キャリアカウンセラー

発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.1 「障がいなのか?個性なのか?」

私は発達障害者専門のキャリアカウンセラーという立場上、多くの発達障害者と交流がありますが、多少
癖はあるものの、彼らとのコミュニケーションで困った経験は殆どありません。

むしろ、裏がない(真面目で嘘をつけない、嘘をついてもすぐバレる)ので分かり易く、一緒にいてとても楽です。

 

しかしながら、定型と比べてみると、社会通念上「変」と見なされる部分があることは否めません。

 

 

これは、生まれながらに脳の構えが違うからです。

 

少し専門的になりますが、「変」なのは、デフォルト・モードネットワーク(記憶を呼び起こしたり、未来の
行動を計画したりする脳の領域のつながり方)に異常があり、自己関連情報の処理や社会認知的な処理が遅い
からだと言われています。

 

 

また、心のレベルの理解が定型発達者と大きく異なっています。

 

たとえば
・自分の気持ちや他者の気持ちを考えること
・自分や他者の精神状態について注意を傾けること
・自分の間違いや他者の間違いを受容すること
・自分自身を客観的に眺めること、また、他者の内心を見つめること
は、発達障害者にはとても難しいことなのです。

 

もう賢明な読者は気づかれたことと思いますが、発達障害当事者の「変」や「ズレ」は、現れ方が個々に違う
という点では個性であり、生得的な障害と言えば障害と言えます(私の周りの当事者の多くは障害と捉えてい
ます)。

 

しかし、それは全てソーシャルマジョリティ(社会的多数派)たる健常者(定型)と対照してのことで、
発達障害者が社会的多数派になれば、一般に健常者と呼ばれる人たちが「変」と言われることだって十分
にあるわけです。

 

 

私は個人的に「障害なのか、個性なのか?」を議論することは、あまり意味のないことだと思っています。

 

 

 

※ 今回のコラムは、書籍「これからの発達障害者「雇用」: 専門キャリアカウンセラーが教える」からこぼれた、貴重なお話となります。ぜひ、本編もお楽しみください!

関連記事

  1. 発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.5 「『成…

  2. 発達障がい者専門キャリアカウンセラー

    発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.3 「ゆっ…

  3. 発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.6 「『就…

  4. 発達障害専門キャリアカウンセラー

    発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.2 「こだ…

  5. 発達障がい者専門キャリアカウンセラーからのこぼれ話 Vol.4 「失敗…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。