カリキュラム検討会

開校準備企画 第6回 カリキュラム検討会

第6回は、精神障がいを抱える方を雇用されている 株式会社シティコミュニケーションズの下風能太郎さん、これから雇用したいと考えている TSR株式会社の畑屋歩さん との対話をレポートします。

 

障がい者雇用、悩んでいることは?

 

Q.まずは、TSR株式会社の畑屋歩さんにお伺いしました。
法定雇用率達成に向けて動き出し、悩んだことはありますか?

A.当初は、車椅子の方にパソコン業務をお願いしようと思っていました。でも、身体障がいを抱える方は、労働市場にもういないんです。
うちの会社は他社への派遣業務のみ。突然、社外での仕事をお願いするのは非現実的です。クライアントのシステム開発を社内で請け負えば雇用できそうですが、そうなると新規事業の立ち上げになります。
ハードルは高いですが…、手立てを考えます!

 

仕事の切り出しには多くの企業さまが悩まれます。でもそれは、自社の仕事を見直すキッカケでもあるんですね。

 

 

障がい者雇用を成功させるための工夫は?

 

Q.次に、株式会社シティコミュニケーションズの下風能太郎さんにお伺いしました。下風さんの会社では、22名の障がい者雇用を実施。そのうち精神障がい、発達障がいを抱える方は15名在籍されています。
これまで、どんな取り組みをしてきましたか?

A.5年前から社長が上層部メンバーに、障がい者雇用に関する勉強会を開催。その準備を経て3年前から雇用を開始しました。
障がいを抱える方と働くのは本社ではなく、現場の店舗スタッフです。雇用に消極的な店舗に無理強いはせず、やる気になった店舗だけを全力でサポートしてきました。
また、私たちは様々な方が長所を発揮できる会社を目指しています。障がい者雇用はその一部。日本人の障がい者を雇用できなければ、外国の方の雇用は絶対できません。
それに、僕らだって病む可能性はあります。その時働けなくなるのはおかしなことですよ。

 

誰でも、どんな立場でも、能力を発揮できる働きやすい会社へ。

下風さんの取り組み、私たちも応援しています!

 

関連記事

  1. 開校企画

    開校準備イベントVol.3 せいしん、こようの困りごと あるある事例の…

  2. カリキュラム検討会

    開校準備企画 第2回 カリキュラム検討会

  3. カリキュラム検討会

    開校準備企画レポート「カリキュラム検討会」の趣旨について

  4. 開校企画

    開校準備イベントVol.2 中小企業社長のドタバタ体験記 「せいしんの…

  5. 開校準備イベント

    開校準備イベントVol.1 当事者のことは当事者に聞け!「精神・発達障…

  6. カリキュラム検討会

    開校準備企画 第3回 カリキュラム検討会

  7. カリキュラム検討会

    開校準備企画 第5回 カリキュラム検討会

  8. カリキュラム検討会

    開校準備企画 第4回 カリキュラム検討会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。