経営者に学ぶ

雇用・実習受入れしている企業から学ぶ

講義の目的・特徴

精神障がいのある方と初めて働く時、どのように接したらよいのか、会社側には大きな不安があると思います。また、最初はうまくいっていても、段々調子が悪くなる方も多くいます。
この講義では、精神障がいのある方との出会いから雇用まで、会社としてどのような接し方をするべきかの「考え方」とそのフォロー方法を学び、スムースな雇用を目指します。

学年主任
三鴨 みちこ 氏

有限会社まるみ 代表取締役
東京中小企業家同友会 理事、八王子支部 副支部長、多様な働き方推進委員会 委員長
特定非営利活動法人 全国精神障害者就労支援事業所連合会 理事
独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 啓発誌「働く広場」編集委員 ・障害者職業生活相談員

講義計画

シリーズ:「雇用・実習受入れしている企業から学ぶ」​​

第1回
障がいのある人と出会ってみよう。軽い気持ちで実習にトライ!①
なぜ実習をするか、を明確に
①社会貢献・会社側の訓練として
②雇用前提実習
実習生をどこから受入れるか。
東京しごと財団・近隣の就労移行・特別支援学校​

障がいのある人と出会ってみよう。軽い気持ちで実習にトライ!②
実習の内容
初めての実習→中級→就労への総まとめとして→就労前提実習
どのような仕事をやってもらったらよいか

・まるみの事例
 誰でもできる事務作業、労働集約作業、いつも後回し作業
 実習に際して、受けられるサポート
 ジョブコーチ・就労移行の巡回・電話相談
 実習で、気の合う人を探す大切さについて

第2回
実習を経て、障がいのある人がいよいよ働く仲間になる①
精神障がいのある方と働く上で一番重要なことは彼らの気持ちを理解すること。理解なくしては、雇用は成立しません。いったい彼らはどんな人達なのでしょうか。また実際何をすれば、彼らの気持ちを知ることができるでしょうか。実例から学びます

・Yさんの事例(特性、迷子、信頼、悩み)
 自己肯定感について
 弱さの情報公開とは
 弱さの情報公開の実践

実習を経て、障がいのある人がいよいよ働く仲間になる②
一緒に働き始めるこの「機会」をチャンスと捉える。
「働きにくい人」でも「働きやすい職場」になるために、やるべきこと
就業規則のチェック(働く時間、通院)
働き方改革ミーティング(委員会設置)をする
障害のある人の為だけに、会社の制度を合わせるのではなく、社員全員が働きやすくなるために​

第3回
実際働いてみるとどんなことが起こるのか、その対処法
・まるみの実例
 K 目標設定、食事管理
 M 働く時間帯、チームで支援
 S 家族との関係、住まい方への提案
 N 仕事への不安、休んでいる間の心の持ち方について​

仕組み・ツール大活用
朝礼・面談・メッセンジャー・SPIS

第4回
周囲の社員の(不満・不安)声を聴く
社内ジョブコーチの育成を目指して(しごと財団事業)

助成金をもらい損ねないために。安定した出勤の「管理のコツ」
遅刻早退大歓迎、とにかく時間を稼げ
休んだ時の声のかけ方、気持ちの持っていき方(Nさんへの実例から)